肩こりや首の痛みは、ひょっとしたら骨盤が歪んでいる事が原因かもしれません。

骨盤が歪んでいると、腰や背中の痛みにつながる事もあります。これも骨盤の体を支える機能が衰えてしまう原因になるので、放置していてはいけません。

骨盤の歪みが「凝り」を招く

もしも今、あなたが腰痛や肩凝り、首の凝りにお悩みでしたら、ひょっとしたら骨盤が歪んでいるのかも?と疑ってみるといいでしょう。

例えば腰痛だった場合、骨盤周りの筋肉が凝って痛くなっているケースも多いです。

骨盤のゆがみの注意点は放置してしまうこと

骨盤が歪んでいる場合、一番いけないのは症状を放置してしまう事です。

歪みがあるのに痛みや不調がないからと放置し、そのまま長時間同じ姿勢を続けてしまっていると、重心が偏って骨盤はますます歪んでいき悪循環です。

この場合、ゆがみが進行する前に改善していかなければなりません。

鏡の前でゆがみをチェック

自分の体のゆがみを知るためにも、鏡の前でチェックしましょう。自分のゆがみを知り、自分の体の動きの癖を直すように改善していくのです。

骨盤のゆがみは歩き方にも影響してくる?

骨盤が歪んでいると凝りを生み出してしまうだけでなく、関節の痛みにも発展してきてしまいます。気付かないうちに関節がゆがんでいるケースも多く、歩き方が悪くなってしまう事もあります。

これも骨盤の歪みが原因である場合がほとんどです。意外と見落としがちなので気をつけましょう。