整体というと、ボキボキ鳴らして施術していくイメージがありますよね。

しかし、整体サロンでボキボキ鳴らして施術してもらう事や、あるいはご自分で体をボキボキ鳴らす事は、本当に体にとっていい事なのでしょうか。一部では、ボキボキ鳴らすのは体にとって危険という意見もあります。

そこで今回は、ボキボキする整体がいいのか悪いのか、明らかにさせてみます。

ボキボキ鳴らさなくても効果は出る?

整体というと歪みを改善する施術をメインとしていますが、その矯正中に首の骨全体がボキボキなるような事は本来なく、ゆがんでいる首の骨一か所に対してチョンと押す程度なので、ボキボキ鳴らない事もあります。

要するに、ボキボキ鳴らさなくてもゆがみは修正され、効果は出るのです。

自分で整体らしい事をしようとする時も、無理にボキボキ鳴らす必要はないという事ですね。

ボキボキ鳴らすからといって危険なわけでもない?

極度の負担をかけるようなストレッチでボキボキ鳴るような行為が、事故につながる恐れは確かにあるので、ボキボキ=体にとって危険という認識もあります。

しかし実際は施術中にボキボキ鳴っても、症状が改善した患者さんもちゃんといらっしゃるので、必ずしもボキボキ鳴らすのが危ないとも言いきれません。

ボキボキなりやすい人とならない人がいる

ボキボキ体を鳴らす事が、体にとって危険ともいいとも言いきれないので難しい面もあります。

少しの刺激でボキボキする人もいれば、刺激を与えてもあまりボキボキ鳴らない人もいるので、判断が難しいところだからです。